各種届出 - JDSF-PD関東甲信越ブロック

各種届出

指導員認定制度

ダンススポーツの普及及び競技力向上を図るための指導員を認定し、資格付与する制度です。 指導員になるためにはJDSFが定める所定の条件を満たし、指導員選考試験に合格する必要があります。 なお、この制度で認定される指導員は以下のとおりです。

  • (1)普及指導員(A~C)
  • (2)競技力指導(A~C)
  • (3)ジュニア指導員
  • (4)PD指導員(PD1~PD4)
  • (5)公益財団法人 日本スポーツ協会公認ダンススポーツ指導者
指導員資格制度に関する規程

指導員になるための諸条件や昇級認定・資格更新方法等の詳細については各種規程をご覧ください。→こちら

PD資格試験についての資料
  1. PD3アマルガメーション(スタンダード/ラテン)
  2. PD4アマルガメーション(スタンダード/ラテン)

指導員講習会・研修会等情報

指導員は毎年開催される研修会に年1回以上を受講する必要があります。

  1. 普及・競技力指導員
  2. ジュニア指導員

技術認定制度

ダンススポーツを生涯スポーツとして長く親しんでもらうための仕組みとして創設されました。個人の技術レベルを絶対評価して多段階方式による認定しますので、国民の皆さんがダンススポーツをより楽しく、より確かに身に付けることができる制度です。 この制度で認定される技術認定区分は以下のとおりです。

  • (1)グレードコース   6段階(G6~G1)12区分
  • (2)ハイグレードコース 6段階(HG6~HG1)40区分
  • ※グレードコースの紹介は→こちら
    ※技術認定制度に関するQ&Aは→こちら

技術認定制度に関する規程

技術認定試験を受験するため諸条件等の詳細については各種規程をご覧ください。詳しくは→こちら

審判員認定制度

  1. GD審判員(A級〜C級)
  2. PD審判員登録申請書
  3. PD審判員(国際A級、B〜C級)

競技資格者認定制度

JDSFが公認及び承認した競技会の運営、進行を円滑に行う競技資格者を認定し、資格付与する制度です。 競技資格者になるためには競技規則および競技関連規程を十分理解し運用できることが必要で、JDSFの競技役員としての一定の経験が求められ、資格取得後も毎年の研修が求められます。 なお、この制度で認定される競技資格者は以下のとおりです。

  • (1)チェアパーソン(競技長)
  • (2)スクルティニア(採点管理者)
競技資格者認定制度に関する規程

競技資格者になるための諸条件や資格更新方法等の詳細については各種規程をご覧ください。詳しくは→こちら

競技資格者講習会・研修会情報

競技資格者を目指す方、資格取得後の更新を行うなるための講習会・研修会の日程及びご案内は→こちら

各種書類様式(ダウンロード)

競技資格制度に関わる各種様式(受講申込書,申請書諸届,受講資料等)は、→こちら からご確認いただけます。